ウゴのレビューサイト

ウゴのブックレビュー

私ウゴが、読んだ本と、たまに映画と音楽の紹介をします。

喜劇の皮を被った悲劇『パラサイト 半地下の家族』レビュー

f:id:Beelzebul:20210302165715j:plain

『パラサイト 半地下の家族』 監督:ポン・ジュノ 

               脚本:ポン・ジュノ ハン・ジンウォン

               公開日:フランス 2019年5月21日 (カンヌ国際映画祭)
                   大韓民国 2019年5月30日
                                                                カナダ 2019年9月 (トロント国際映画祭)
                                                                日本 2020年1月10日

              ジャンル:ブラックユーモア 国:韓国

 

計画を立てると必ず—人生 その通りにいかない

 

受賞歴

アカデミー賞 

作品賞 クァク・シネ、ポン・ジュノ 受賞 
監督賞 ポン・ジュノ 受賞
脚本賞 ポン・ジュノ、ハン・チンウォン 受賞
国際長編映画ポン・ジュノ 受賞
美術賞 プロダクション・デザイン: イ・ハジュン
セット・デコレーション: チョ・ウォンウ

ノミネート
編集賞 ヤン・ジンモ ノミネート

AACTA賞

アジア作品賞 

…他にも色々受賞してます。

 

こんな人にお勧め!

・ブラックユーモアのある作品が好きな方

・格差問題を扱った映画が好きな方

韓国映画が好きな方

 

内容

大学受験に落ち続けるギウは、“半地下住宅”で暮らす貧しい4人家族だ。ギウはある時、エリート大学生の友人から家庭教師のアルバイトを頼まれる。向かった先は、IT企業の社長パク・ドンイク一家が暮らす高台の大豪邸だった。“半地下”で暮らすキム一家と、“高台の豪邸”で暮らすパク一家。相反する2つの家族が交差した先に、想像を遥かに超える衝撃の光景が広がっていく…。

 

レビュー

ちょっと前に本サイトで、私は「最近は面白いと思えるような映画があまりない」というような事を言った(書いた)覚えがありますが、本作は本当に面白い作品でした。

というか、本作に限らず最近の韓国映画はどれも非常に面白いです。「俺達が新しい映画の歴史を作ってやるぜー!」というような気概を感じます。ちなみに、本作以外には私は『テロ、ライブ』と『新感染(間抜けな邦題には納得いってませんが)』が好きです。『新感染2』は是非劇場で見たいと思っていたのですが、近所にある映画館では上映が終わって、見れなくなってしまいました…悲しい…。

話は戻して…本作はブラックユーモア作品です。しかし、他にも社会派映画としての側面を見せたり、悲劇作であったり、サスペンスであったりホラーであったりと、あらゆるジャンルが混在しています。さながら物語のバーリトゥードです。これだけの要素を一つに纏めて、それでいて娯楽作として鑑賞しても一級に面白いのですから、本当にスゴイ作品だと思います。

しかしまあ、皆が私のように思っている訳ではないようであり、先程アマゾンレビューを見てみましたが「物語としての深みがない」とか「不快」とか「アカデミー賞に値しない作品」とかいった言葉が並んでいました。

前提として、私は基本的にレビューは賛否があってしかるべきだという意見を持っています。それを踏まえた上で言うのですが…上記に書いたような批判は、ちょっと的外れなのではないか?とどうしても思ってしまいます。とういのも、本作のあらすじや、作品紹介を見れば、ブラックユーモアを扱った作品だというのは一目瞭然だからです。喩えるなら、ホラー映画を鑑賞して「人がいっぱい死んでる!怖い!不気味!不愉快!下品!」とか言っているようなものだと思います。いやいや、鑑賞する前に確認すればいいだけでしょ。はっきりいって、単なる流行り物が嫌いな輩による逆張りにしか思いません。

まあしかし、欠点が無い訳では無いとは思います。本作の終盤に、ある登場人物がある行動をとるのですが、その行動に「?なんでそんな事したの?」と思ってしまう人は、一定数存在すると思います。一応その行動を起こす伏線は幾度も貼られているのですが、その行動をとる事を予感させるような台詞を、一切その人物は発しないのです。ここはちょっと不親切なんじゃないかな。と私は思いました。一言だけでもあんな行動をとる事を匂わせるような台詞を放っても良かったのではないでしょうか。

という訳で、今回のレビューを終えます。劇場でなく、動画配信サイトで観た事を後悔させるような、非常に面白い映画でした。是非鑑賞してみて下さい。

 

パラサイト 半地下の家族(吹替版)

パラサイト 半地下の家族(吹替版)

  • 発売日: 2020/06/19
  • メディア: Prime Video