ウゴのレビューサイト

ウゴのブックレビュー

私ウゴが、読んだ本と、たまに映画と音楽の紹介をします。

日本人は常識外れ?『世界のニュースを日本人は何も知らない』レビュー

f:id:Beelzebul:20210101163455j:plain

世界のニュースを日本人は何も知らない 谷本 真由美著 ワニブックス

発売日:2019/10/9 ジャンル:地域研究 国:日本 

 

内容

報道/常識/教養/思考/日本の評価など、世界各国の印象がガラッと変わる!新聞・TVではわからない世界の真実に迫る。

 

レビュー

あけましておめでとうございます。今日は2021年の記念すべき第一日目ですが、皆さんはどうお過ごしでしょうか?

私はいつも通り、近所の本屋に繰り出して、本を物色してました。しかし、お目当ての本を見つけたものの、思ったより面白く無かったので、書店で平積みになった本著作を代わりに読みました。目立つところに置いてあったのです。おまけに表紙も派手だったし。

本著作の内容はタイトル通りです。グローバル視点から見ると、日本人がどれだけ世界のニュースに疎いか、指摘している本です。

一例を挙げると

・日本の新聞には日本国内のニュースしか掲載されていないが、これは世界の常識に反している。大抵の国は、ワールドワイドに様々な地域で起こった事件が取り上げられている。

・日本人は「ヨーロッパ」と聞くと、なんとなく華やかなイメージを想像するが、これも世界の常識に反している。現在のヨーロッパは貧富の格差が広がり、人種も混在化している為、白人の比率は低くなってきている。イギリスでは白人の比率は50%に満たない。

アメリカで最も裕福な人種グループは、実は白人ではなく、アジア系

国際連合は、実は大して機能していない

etcetc…

まあはっきり言って、大して目新しい情報にもありつけませんでした。というか、知ってる事の方が多かったです。ちょっとタイトル大袈裟じゃないかな?

恐らく、普段から読書をする方が本著作を読んでもがっかりするだけだと思います。しかし読書習慣が無い方が読む分には良いかも。特に「海外」と聞くと条件反射で華やかなイメージを連想してしまうような、ミーハーな人には程よい毒として機能してくれると思います。そう考えると、贈り物にするのに向いてる本かもしれません。ページ数も252頁と少ないし。

少々驚いた点は、大抵この手の本って、「~だから日本はダメなんだよ」みたいな論調になるのが多い気がしますが、本著作に関してはそれほどでもなかったです。むしろ、日本は世界的に見ればかなり恵まれた国であると、筆者の谷本さんは主張しています。

日本は島国であり、人口も1億2000万人以上いる為、その中で自己完結してしまって、国外に目を向ける機会が、諸外国に住む人々に比べると低いと思います。まあしょうがないと言えばしょうがない事でもありますが、ご承知の通り現代はグローバル化していますし、しかも今後日本は人口が減っていくのが最早規定路線となっていますから、これからは今までの様に、「自分達の周りだけ上手くいってればそれでいいや」的な考え方は通用しなくなってくるでしょう。

となると、必然的にグローバル視点を持ち、パースペクティブに物事を捉えていける人材が、日本でも求められてくるようになると考えられます。これからの時代で活躍したければ、今の内にそのような人材になれるよう、努力をしていく必要があるでしょう。

という訳で、今回のレビューを終えます。まあ、ページ数も少ない本ですし、気になったら読んでみてもよいのではないでしょうか?

 

 

 ↓本書の続編です。