ウゴのレビューサイト

ウゴのブックレビュー

私ウゴが、読んだ本と、たまに映画と音楽の紹介をします。

人生の勝機はメモにあり! 『メモの魔力』レビュー

f:id:Beelzebul:20201224181311j:plain

メモの魔力 前田 裕二著 幻冬舎

発売日:2018/12/24 ジャンル:ビジネス書 国:日本

 

内容

僕にとってメモとは、生き方そのものです。メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。メモによって夢を持ち、熱が生まれる。その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いていない「本当のメモの世界」へ、ようこそ。

 

レビュー

本著作は、起業家である前田裕二さんが執筆した、メモの重要性を説く本であります。とても有意義な内容が書かれているだけあり、本著作は50万部を超えるベストセラーになりました。

前田さんは、メモ魔である事を自称します。なんでも、いつでもどこでもメモを欠かさないらしいです。

「でもメモ書くのって面倒くさくない?それに、本当に大切な事だったら忘れたりしないでしょ。わざわざメモ書く必要あるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、前田さんは「大切な事はどうせ忘れやしないんだから、メモをとる必要は無い」という考え方に懐疑的です。

皆さんは、社会に出る前に自己分析シートを作ってみた経験はありませんか?前田さんは、メモはその自己分析シートの延長線上にあるものだと主張するのです。

自分の事は、意外と自分自身で分かっていないと前田さんは仰ります。余談ですが、鳥山明先生と共に『ドクタースランプ』や『ドラゴンボール』を立ちあげた、鳥嶋和彦白泉社代表取締役会長も、「作家が書きたいものと、書けるものは違う」という名言を残しています。私自身、自分自身で気付かなかった長所を、他人が教えてくれたおかげで気付いた経験があるので、その言葉の意味が良く分かります。

前田さんは、ファクト→抽象化→転用という段階を踏んで思考する事が、あらゆる問題を解決するきっかけになると言うのです。その思考方法を実践するには、メモをとるのがうってつけなんだとか。

一例を挙げると、AKB48SKE48をプロデュースしている秋元康さんは、ファクト→抽象化→転用という思考方法を上手く活用しています。秋元さん作詞の『何度目の青空か?』という曲では、「永遠は短い」というレトリックが登場します。レトリックを使うには、上記の三段思考活用を必ず用いる必要があります。前田さん自身も、秋元さんに「猟師みたいな人だ」と言われた経験があるそうです。この「猟師みたいな人」というのも、普段からレトリックを使用するのを心がけているが故に登場した例えであると言う事が出来るでしょう。

レトリックが自在に使いこなせるようになれば、人の心を掴むキャッチコピーを生み出せるようになります。そうなれば、その能力は全ての仕事に役立たせていけると思います。

とまあこのように、本著作の題名こそは『メモの魔力』ですが、実際に前田さんが本著作の中で一番訴えたかった事は、「ロジカルシンキングを用いる事の大切さ」だと思います。メモはあくまで、ロジカルシンキングが出来る様になる為の、絶好のツールに過ぎないのです。なので何も考えずに、盲目的に本著作を読んで、前田さんが普段メモを使っている方法を真似してメモをとっても、ロジカルシンキングが出来る様にはならないと思います。ロジカルシンキングを使える様になるには、自分自身の頭で物事を考えられる事が、絶対の前提条件になってきますから。

そして残念ながら本著作に、自分自身の頭で物事を考えられるようになる方法は書かれていません。なので、その部分を知りたい人が本著作を読んでも、がっかりするだけだと思います。当たり前ですが、人生を劇的に変える特効薬のような本がある訳ありません。我々に出来る事は、幅広く読書をして、その都度自分に合った方法を実践して、自己流の方法を模索し続けていくしかないのでしょう。

しかし逆に、自分の頭で物事を考えられる人が本著作を読めば、きっと本作に書かれている内容は、人生の大きな助けになってくれると思いますので、是非読んでみて下さい。私自身もこれから、方法の一部を自己流にアレンジしながらも、前田さんのようにメモを駆使していきたいと思っています。

 

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)