ウゴのレビューサイト

ウゴのブックレビュー

私ウゴが、読んだ本と、たまに映画と音楽の紹介をします。

なまけものこそが世を制す⁉ 『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』レビュー

 

f:id:Beelzebul:20201222180438j:plain

なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23 ひろゆき著  学研プラス刊

発売日 : 2020/4/7 ジャンル:自己啓発 国:日本

 

内容

2ちゃんねるニコニコ動画、ペンギン村…誰も思いつかなかった「価値」を生み出して「お金」も「自由」も手にした男が語る「時間をかけずに、コスパよくひとり勝ちする」方法!

 

レビュー

本作は、2ちゃんねるを創設したひろゆきが書いた著作です。ひろゆきの事を良く知らない人は、↓の写真を見て下さい。

f:id:Beelzebul:20201222180851j:plain

…まあつまり、彼はこういう人です(笑)ひろゆきが書いた本を読んだ事がある人は、本作の方向性がなんとなく推測出来るかもしれませんが、その御想像の通りだと思います。本作も彼が今までに書いたこれまでの本と同じ様に、いかにして楽するか、その方法論が紹介されています。逆に言えば、今までに彼が書いた本と、その内容は大して代わり映えしないです。なのでひろゆきが書いた他の著作を読んだ事がある人は、別に本著作を読まなくてもいい気がします。

本著作では色々な方法論が紹介されていますが、本作の内容を一言で要約してしまうと、「周りの目なんて気にしないで適当に生きろ」です。ひろゆきさん曰く、現代社会では人の目さえ気にしなければ、大して苦労しないで気楽に生きていけるんだそうです。

「いやいや、その人の目を気にしないで生きていくっていうのが難しいんだよ」という反論が聞こえてきそうですが、どうすれば人の目を気にせずに済むのか、その方法は本作では全く触れられていません。まあ、人の目を気にせずに生きていけるのも一種の才能なのでしょう。その才能が無い人間は、ひろゆきさんの様にはとても生きていけないと思うので、本著作を読んでも何も得られないかもしれません。逆に、「自分は我が道を行くタイプの人間だ!」と思う人は本作を読めば、人生を生きていく上での、何か重大なヒントが得られると思います。生真面目な人が本著作を読んでもイライラするだけだと思うので、絶対に読んではいけません(笑)

という訳で今回のレビューを終えます。…なんか今回のレビューはやたら短くなっちゃったな…(笑)