ウゴのレビューサイト

ウゴのブックレビュー

私ウゴが、読んだ本と、たまに映画と音楽の紹介をします。

恐怖と欲望 レビュー

f:id:Beelzebul:20201129141113j:plain

スタンリー・キューブリック監督作品

 

内容

その日、彼らは人間であることをやめた。
スタンリー・キューブリック、 幻の劇場映画デビュー作。日本初リリース。
【全国劇場公開作品】
2001年宇宙の旅』『シャイニング』『時計じかけのオレンジ』など革新的な映像で世界中の映画ファンを熱狂させてきた巨匠スタンリー・キューブリック。一般的に彼の劇場監督デビュー作は『非情の罠』とされているが、それ以前に彼が監督した作品があったのをご存じだろうか。それが本作『恐怖と欲望』“Fear And Desire"である。
本作はわずかなスタッフとキャスト、キューブリックの裕福な伯父に資金を出資してもらい製作された。出演者もスタッフもほとんど製作の経験がなかったという。その中には後に『ハリーとトント』『結婚しない女』で知られるポール・マザースキー監督が俳優として出演しており、また当時のキューブリックの妻だったトーバがダイアログディレクターとして参加している。
公開時はニューヨークの批評家たちから好評を得た本作だったが、最大の不運は監督自身に忌嫌われてしまったことである。完璧主義者として知られるキューブリックは本作を「アマチュアの仕事」と、プリントをすべて買占め封印してしまったのだ。そのため、初回公開時以降はプリントが流失するまで公開されることはなかった。
長いこと未公開だった本作は、昨年2012年3月にニューヨークのリンカーン・センターにて開催された「ニュー・ディレクター/ニュー・フィルムズ」という新人監督に焦点を当てたイベント上映の中の一プログラムとして上映され、大きな話題となった。また同年、本国アメリカにてテレビ放送がされた。日本では2013年5月に全国劇場にて公開された。


世界のどこにもない どこでも起こっている戦争

どこかの国で起こっている戦争。爆撃を受け敵地の森へ墜落した4人の兵士たちがいた。空軍の上官コービー中尉(ケネス・ハープ)、ベテランのマック軍曹(フランク・シルヴェラ)、若い新米のシドニー二等兵(ポール・マザースキー)とフレッチャー(スティーヴン・コイト)二等兵。彼らは森に沿って流れる河を、筏を作り下って脱出することを計画し、その対岸に敵軍のアジトを発見する。マック軍曹は奇襲をかけることを提案するが、コービー中尉に反対される。翌日、地元の女性(ヴァージニア・リース)に姿を見られた4人は彼女をベルトで木に縛り付け拘束する。女性の見張をしていたシドニー二等兵は女性に欲情し犯そうとするが、彼女は彼を振り払って逃げ出す。敵に知らされることを恐れたシドニー二等兵はとっさに腰につけた拳銃を抜き、彼女を射殺してしまうのだった・・・。

 

レビュー

今回のレビューは、映画史に残る鬼才、スタンリー・キューブリック監督の処女作である、『恐怖と欲望』です。

私はキューブリックの大ファンです。中学生の時に、題名が面白いという理由で『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』をTSUTAYAで借り、その作品を見て以来、彼の虜となりました。

冷徹なリアリズム、ブラックユーモア、サディズム、フェティッシュな女性の描き方、刺激的な音楽の用い方、そして完璧に計算された、不気味な印象すら受ける人工的な映像美。どれをとっても素晴らしいです。

この『恐怖と欲望』は、長らく幻の作品とされていましたが、最近になってやっと封切られ、DVDとBlu-Rayが発売されました。解説によると、キューブリック本人がこの映画をアマチュアの仕事として忌み嫌っていた為に、誰の目にも触れぬ様、プリントを全て買い占めてしまっていたそうです。

流石は完璧主義のキューブリックといった感じですが、私は彼がこの作品を封印した理由が理由の為、Blu-Rayを一応は買ったものの、大した期待をしていませんでした。まあでも、「誰にだって無名の頃はあるよな。温かい目で鑑賞して、欠点があってもあんまり気に留めない様にしよう」そんな気持ちでこの映画を鑑賞し始めました…が。

この映画、予想に反して滅茶苦茶面白かったのです!これは嬉しい誤算でした。というかはっきり言って、キューブリックがどの辺りを不満に思っていたのか全く理解出来ません。初監督でこれだけの作品を作りせれば、もう何も言う事が無い様な気がするのですが。私みたいな凡人と、彼の様な世紀の天才とでは、そもそも目指している地点が違っているのでしょう。

この作品には上記に挙げたキューブリック作品の特徴が、既に現れています。低予算で作られているが故に、少々チープな印象は受けざるをえませんが、そこを加味しても十二分に不気味で美しく、そして面白い作品です。61分しかない作品なので、キューブリック作品を見た事が無い人にもお勧め出来ます。コッポラは三時間かけて、『地獄の黙示録』で戦争の狂気を描き出しましたが、キューブリックは僅か一時間でそれをやってのかました。しかも彼に言わせれば、アマチュアの時代に!

個人的に最も好きなシーンは、狂気に心を浸食され、発狂した男が木に縛り付けられた美女に襲い掛かろうとするシーンです。このシーンの緊張感は只事ではありません。どうもこの一連のシークエンスに心惹かれたのは自分だけでは無いらしく、ブックレットにもこのシーンを映した画像が挿入されています。

面白い戦争映画を見たい、または『時計じかけのオレンジ』や『フルメタル・ジャケット』等の代表作は見た事があるが、キューブリックがキャリア初期にとった映画は見た事が無いという人は、是非一度鑑賞してみて下さい。逆に、心温まる作品が好きという方は見ない方が良いと思います(笑)絶対にトラウマになってしまうと思うので。

 

 

恐怖と欲望 Blu-ray

恐怖と欲望 Blu-ray

  • 発売日: 2015/02/27
  • メディア: Blu-ray