ウゴのレビューサイト

ウゴのブックレビュー

私ウゴが、読んだ本と、たまに映画と音楽の紹介をします。

グロテスクでありながら美しい美術史『残酷美術史: 西洋世界の裏面をよみとく』レビュー

『残酷美術史: 西洋世界の裏面をよみとく』 著:池上 英洋 刊:筑摩書房 発売日:2014/12/10 ジャンル:美術 国:日本 本書のテーマは西洋美術におけるこれら残酷な主題の歴史をとりあげ、その多様性と重層性を味わおうとするものだ。 こんな人にお勧め! ・西洋…

サタニストによる映画評『暗黒映画入門 悪魔が憐れむ歌 』レビュー

『暗黒映画入門 悪魔が憐れむ歌』 著:高橋 ヨシキ 刊:筑摩書房 発売日:2021/2/13 ジャンル:映画紹介 国:日本 我々は絶望のただ中で悲嘆にくれて過ごすしかないのだろうか? まったく逆だ。 そうではなく、絶望と恐怖という新しい友人を得たと思えばいいので…

プロレタリア文学の代表作『蟹工船・党生活者』レビュー

『蟹工船・党生活者』 著:小林多喜二 刊:新潮社 発売日:1953/6/30 ジャンル:文学 国:日本 ——この一篇は、「殖民地に於ける資本主義侵入史」の一頁である。 こんな人にお勧め! ・社会に対してルサンチマンを抱えてる方 内容 海軍の保護のもとオホーツク海で…

ダメ人間の美学『勝手に生きろ!』レビュー

『勝手に生きろ!』 著:チャールズ ブコウスキー 訳:都甲 幸治 刊:河出書房新社 ジャンル:文学 国:アメリカ 別に孤独を自慢してるわけじゃない。孤独に頼ってるだけだ。部屋の暗闇はおれにとって陽の光だった。おれはワインを飲んだ。 こんな人にお勧め! ・…

ひろゆき流、お金の使い方『これからを生きるための無敵の―お金の話』レビュー

『これからを生きるための無敵の―お金の話』 著:ひろゆき 刊:興陽館 発売日:2019/3/6 ジャンル:金融 国:日本 『お金の話』というタイトルの本で言うのもなんですが、「お金が必要ない生き方」をうまく手に入れないと安心感は得られないので、必要なのはお金…

David Bowie『Liza Jane』和訳

『Liza Jane』作曲:Chester Conn アーティスト:Davie Jones and the King Bees 歌詞 Well, I got a girl that's so good to me(Oh, little Liza)Well, now she ain't more than five foot three(Oh, little Liza)Well, this little girl is so good to me(Oh…

村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』レビュー

『風の歌を聴け』 著:村上春樹 刊:講談社 発売日:1979年7月23日 ジャンル:文学 国:日本 あらゆるものは通りすぎる。誰にもそれを捉えることはできない。 僕たちはそんな風にして生きている。 映像化作品 1981年に映画化されています こんな人にお勧め! ・村…

喜劇の皮を被った悲劇『パラサイト 半地下の家族』レビュー

『パラサイト 半地下の家族』 監督:ポン・ジュノ 脚本:ポン・ジュノ ハン・ジンウォン 公開日:フランス 2019年5月21日 (カンヌ国際映画祭) 大韓民国 2019年5月30日 カナダ 2019年9月 (トロント国際映画祭) 日本 2020年1月10日 ジャンル:ブラックユーモア 国:…

本物の犯罪者が描き出した世界『ストレートタイム』レビュー

『ストレートタイム』 著:エドワード・バンカー 訳:沢川 進 刊:角川書店 発売日:1998/9/1(オリジナル版は1973年) ジャンル:ハードボイルド 国:アメリカ おれは金を数えた。百八十五ドル。終身刑を宣せられる危険を冒したのにそんなはした金でしかなかった…

新時代の西部劇『悪党に粛清を』レビュー

『悪党に粛清を』 監督:クリスチャン・レヴリング 脚本:クリスチャン・レヴリング アナス・トマス・イェンセン 公開:フランス 2014年5月17日(カンヌ) デンマーク 2014年5月22日 日本 2015年6月27日 ジャンル:西部劇 国:デンマーク・イギリス・南アフリカ共…

胸を打つ台詞を生み出す方法『ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生みだす方法』レビュー

『ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生みだす方法 』 著:ロバート・マッキー 訳:越前敏弥 刊:フィルムアート社 発売日:2017/10/25 ジャンル:文学理論 国:アメリカ すぐれた作品は、読者や観客をいわば超能力者に変身させる。劇的…

チャイナスタンダードの時代到来?『チャイナテック』レビュー

『チャイナテック』 著:趙 瑋琳 刊:東洋経済新報社 発売日:2021/1/22 ジャンル:中国情勢 国:日本 「一兵卒にも天下とりの大志あり」はナポレオンの名言ですが、中国ではこの語録を好み、今は雇われの身でもいずれ起業し社長になりたいと考える人が大勢います…

衝撃!非行少年達の実態!『ケーキの切れない非行少年たち』レビュー

『ケーキの切れない非行少年たち』 著:宮口 幸治 刊:新潮社 私が驚いたのは約8割の少年が「自分はやさしい人間だ」と答えたことでした。どんなにひどい犯罪を行った少年たち(連続強姦、一生治らない後遺症を負わせた暴行・傷害、放火、殺人など)でも同様で…

思春期の少女の心を綴った短編集『放課後の音符』レビュー

『放課後の音符』 著:山田詠美 刊:新潮社 発売日:1995/3/1(オリジナル版は1989年) ジャンル:文学 国:日本 私ね、いつのまにか、あなたのこと、好きになっていたのよ。 内容 大人でも子供でもない、どっちつかずのもどかしい時間。まだ、恋の匂いにも揺れる…

日本を再興する方法『税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋』レビュー

『税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋』 著:渡瀬裕哉 刊:光文社 発売日:2020/10/14 ジャンル:ビジネス 国:日本 なぜ、日本からグーグルやアマゾン、またはツイッターやフェイスブックのような世界的な大企業が生まれないのか。また、いわゆる弱…

アメリカン・スピリットの結晶『怒りの葡萄』レビュー

『怒りの葡萄』 著:ジョン・スタインベック 訳:伏見 威蕃 刊:新潮社 発売日:2015/9/27(1939年) ジャンル:文学 国:アメリカ 人間は自分が育てなかったものを食べ、パンとの結びつきはもはや失われている。土は鉄に踏みしだかれて作物を生み出し、しだいに死…

一風変わった銀行強盗映画『インサイド・マン』レビュー

『インサイド・マン』 監督:スパイク・リー 脚本:ラッセル・ゲワーツ アダム・エルバッカー 公開:アメリカ2006年3月24日 日本2006年6月10日 ジャンル:クライム 私は聖人じゃない。狙いは金。だが卑劣な行いはしたくない。”誇り”こそ最高の価値を持つものだ。…

現代の私小説『推し、燃ゆ』レビュー

『推し、燃ゆ』 著:宇佐見りん 刊:河出書房新社 発売日:2020/9/10 ジャンル:文学 国:日本 やめてくれ、何度も、何度も思った。何に対してかはわからない。やめてくれ、あたしから背骨を、奪わないでくれ。推しがいなくなったらあたしは本当に、生きていけな…

富を築く方法『新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ』レビュー

『新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ』 著:橘 玲 出版社:幻冬舎 発売日:2017/8/4 ジャンル:金融 国:日本 日本国の制度は大きく歪み、傾いています。その歪みから恩恵を受ける人が生まれ、他方では収穫される人がいます。今後こ…

サブスクの王者の帝王学『NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社、NETFLIX 』レビュー

えーっと、本の紹介をする前に、ご報告…というか、言い訳をさせて下さい。最近、リアルの方がちょっとどたばたとしてまして、もしかしたら今後(というかもう既にしてるけど…)本サイトの更新が滞ってしまうかもしれません。申し訳ありません。 それでは、本…

先進国家ナチスドイツ!『ナチスの発明』レビュー

『ナチスの発明』 著:武田 知弘 刊:彩図社 発売日:2011/9/20(オリジナル版は2006年12月) ジャンル:政治 国:日本 内容 ロケット、ジェット機、ヘリコプター、大衆車、聖火リレー…あの世紀の発明品、開発したのは「ナチス」だった。知られざるナチスの真実。…

現代社会を予知した名著『文明の衝突』レビュー

『文明の衝突』 著:サミュエル・ハンチントン 訳:鈴木 主税 刊:集英社 発売日:2017/8/22(オリジナル版は1996年) ジャンル:国際情勢 国:アメリカ 内容 世界はどこへと向かうのか?各地で多発する民族紛争と文明間の軋轢の本質とは何か?著者は世界を、西欧・…

現役東大生が教える勉強方法!『夢を叶えるための勉強法』レビュー

『夢を叶えるための勉強法』 著:鈴木 光 刊:KADOKAWA 発売日:2020/12/11 ジャンル:勉強法 国:日本 内容 定期テスト、入試、資格試験…すべてに使える勉強の“基本”を網羅!東大文1現役合格、司法試験予備試験を在学中に合格した、夢や目標を叶えるための効率的…

祝!アクセス数160突破

いつも当ブログを閲覧していただき、ありがとうございます。 さて、今回は読者の皆様にご報告があります。当ブログのアクセス数が、月間160人を突破しました。 私ウゴは、月に160人の閲覧を第一目標として、当ブログを運営してきました。なので、今回めでた…

めくるめく幻想世界への誘い『幻想小説とは何か: 三島由紀夫怪異小品集』レビュー

『幻想小説とは何か: 三島由紀夫怪異小品集』 著:三島由紀夫 編:東 雅夫 刊:平凡社 発売日:2020/8/27 ジャンル:文学評論 国:日本 内容 一九七〇年十一月二十五日―あの壮烈な自決事件から五十年のメモリアル・イヤーを今年(二〇二〇)迎えた昭和の文豪・三島由…

なんかそういうデータあるんですか?『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』レビュー

『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』 著:ひろゆき 刊:三笠書房 発売日:2020/11/27 ジャンル:社会学 内容 “忖度抜き”で「2ちゃんねる」創設者が語りつくす社会、仕事、教育、政治、人間関係。 レビュー 「優秀な人はどうせ自分の本なんて読ま…

言語を絶する感動『夜と霧』レビュー

『夜と霧』 著:ヴィクトール・フランクル 訳:池田 香代子 刊:みすず書房 発売日:2002/11/6(オリジナル版は1946年) ジャンル:ノンフィクション 国:オーストリア 内容 心理学者、強制収容所を体験する-。飾りのないこの原題から、永遠のロングセラーは生まれ…

崩壊する自我『es[エス]』レビュー

『es[エス]』 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 脚本:ドン・ボーリンガー クリストフ・ダルンスタット マリオ・ジョルダーノ 公開:ドイツ 2001年3月7日 日本 2002年6月22日 ジャンル:サスペンス 国:ドイツ 内容 1971年、スタンフォード大学心理学部で実…

人生の攻略本!『人生攻略ロードマップ 「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略』レビュー

『人生攻略ロードマップ 「個」で自由を手に入れる「10」の独学戦略』 著:迫 佑樹 刊:KADOKAWA 発売日:2020/7/31 ジャンル:金融 国:日本 内容 「自己投資」の効率のよさは驚異的。無知の恐怖。知識がないと、「損をしていること」にすら気づかない。できる経…

近代日本文学の代表作『砂の女』レビュー

『砂の女』 著:安部 公房 刊:新潮文庫 発売日:2003/3/1(オリジナル版は1962年6月8日) ジャンル:文学 国:日本 内容 砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められる。考えつく限りの方法で脱出を試みる男。家を守るために、男…