ウゴのレビューサイト

ウゴのブックレビュー

私ウゴが、読んだ本と、たまに映画を紹介します。毎日更新目指します。

本物の犯罪者が描き出した世界『ストレートタイム』レビュー

『ストレートタイム』 著:エドワード・バンカー 訳:沢川 進 刊:角川書店 発売日:1998/9/1(オリジナル版は1973年) ジャンル:ハードボイルド 国:アメリカ おれは金を数えた。百八十五ドル。終身刑を宣せられる危険を冒したのにそんなはした金でしかなかった…

新時代の西部劇『悪党に粛清を』レビュー

『悪党に粛清を』 監督:クリスチャン・レヴリング 脚本:クリスチャン・レヴリング アナス・トマス・イェンセン 公開:フランス 2014年5月17日(カンヌ) デンマーク 2014年5月22日 日本 2015年6月27日 ジャンル:西部劇 国:デンマーク・イギリス・南アフリカ共…

胸を打つ台詞を生み出す方法『ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生みだす方法』レビュー

『ダイアローグ 小説・演劇・映画・テレビドラマで効果的な会話を生みだす方法 』 著:ロバート・マッキー 訳:越前敏弥 刊:フィルムアート社 発売日:2017/10/25 ジャンル:文学理論 国:アメリカ すぐれた作品は、読者や観客をいわば超能力者に変身させる。劇的…

チャイナスタンダードの時代到来?『チャイナテック』レビュー

『チャイナテック』 著:趙 瑋琳 刊:東洋経済新報社 発売日:2021/1/22 ジャンル:中国情勢 国:日本 「一兵卒にも天下とりの大志あり」はナポレオンの名言ですが、中国ではこの語録を好み、今は雇われの身でもいずれ起業し社長になりたいと考える人が大勢います…

衝撃!非行少年達の実態!『ケーキの切れない非行少年たち』レビュー

『ケーキの切れない非行少年たち』 著:宮口 幸治 刊:新潮社 私が驚いたのは約8割の少年が「自分はやさしい人間だ」と答えたことでした。どんなにひどい犯罪を行った少年たち(連続強姦、一生治らない後遺症を負わせた暴行・傷害、放火、殺人など)でも同様で…

思春期の少女の心を綴った短編集『放課後の音符』レビュー

『放課後の音符』 著:山田詠美 刊:新潮社 発売日:1995/3/1(オリジナル版は1989年) ジャンル:文学 国:日本 私ね、いつのまにか、あなたのこと、好きになっていたのよ。 内容 大人でも子供でもない、どっちつかずのもどかしい時間。まだ、恋の匂いにも揺れる…

日本を再興する方法『税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋』レビュー

『税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋』 著:渡瀬裕哉 刊:光文社 発売日:2020/10/14 ジャンル:ビジネス 国:日本 なぜ、日本からグーグルやアマゾン、またはツイッターやフェイスブックのような世界的な大企業が生まれないのか。また、いわゆる弱…